ベトナム人材をご紹介

ご紹介します!若く優秀なベトナム人材

ベトナム人材は、真面目で勤勉!残業もいとわない働き者!就労ビザにて長期戦力化できる、おススメの人材です

私共は、貿易商社として東南アジア諸国の多くと交易の実績がございます。実際に商売を行うことでその国の習慣や気質は、概ね理解できてくるものです。多数のバイヤーや、商社、ユーザー、企業とのお取引やお付き合いを通した結果、最も日本人と親和性が良いと結論付けたのがベトナムです。

諸外国、良いところや、悪い部分など一長一短あって当然です。それは良いとか悪いではなく、ご紹介する責任のある我々の場として自信を持ってご提案するためであり、貴社様にとっては共に働く仲間として受け入れていただけるための人材として最適な人材がベトナム人と判断した次第でございます。

彼らは日本人と似たところが非常に多くあります。真面目で控えめシャイで協調性に優れています。これは同じ仏教国であることや、長く戦争を経験したことによるものなのかもしれません。これは、技能実習で色々な国を受け入れ取られた企業様も同意見であることが多く、結果として最終的にベトナムに落ち着いたと言われます。

日本人もそうであるようにベトナム人も性格によります。ただ、私共これまでの経験上、働き者で真面目な人材が多いことは確かです。

 〇 親日国で仏教国
 〇 真面目で勤勉、若い人材が豊富
 〇 向上心が強く一生懸命
 〇 協調性があり、指導に対して従順
 〇 手先が器用で、のみ込みが早い

 ◎ 働く働く姿勢が明確  →  親孝行、懸命に働いて仕送り
 ◎ 日本に対する憧れ
 ◎ 日本で働くことが夢
 ◎ 日本と文化的、宗教的(仏教)な親和性が高い

ベトナムのエンジニア人材

 

地域性の秘密 >> ベトナムは北と南で分けて考える!鍵(キー)は北部ハノイの人材   

上に記したベトナム人材の有用性について、ベトナム北部の人材を念頭にして記したものです。実は「ベトナム」を一括りにはできない秘密が存在します。それは対立の歴史。北と南に分かれて戦争を繰り広げた負の想いから来るものなのか性格的に大きな違いがみられます。

気候的にも南部は、熱帯で一年を通し暑く、性格は陽気でオオラカ。一方、北部は、四季があるなど日本に近い気候を持っています。真面目で我慢強い性格の人間が多くみられます。また、ハノイにはベトナムを代表する大学が多くあり、特にハノイ工業大学などは日本の東大レベルともいわれるほどです。そのため、日本への入国資格で就労(労働)ビザを申請可能な技術と経験を持つ人材が多く、私たちが推薦するのはこの北部ベトナムの「ハノイ周辺」のエンジニア人材です。

 

ベトナム人材について

 

  •  ベトナムは北部と南部で人材の性格に大きな差がある
  •  北部は、気候的に四季があり、我慢強く真面目な人材が多い
  •  南部は、熱帯で明るくおおらかな人材が多い
  •  ハノイには有力大学が多く、就労ビザの取得要件を満たせるエンジニア人材が多い
  •  私達が推薦するのは北部のハノイ周辺の人材

 

ベトナムの人口動態

ベトナムの人材が多いのは、人口ピラミッドが日本と真逆!生産年齢人口(労働人口)として19~35才ぐらいまでの若年層に大きなボリュームがあります。そのため人材が豊富です。この豊富なことが逆にベトナム国内での働き先に競争を生み、より良い働き先として海外に目が向いています。

もちろんベトナム国内と海外との賃金格差がるという事情も見逃せません。親日国であり、宗教も仏教とであり、人材として安心できます。気質も真面目で勤勉。協調性があり、向上心も強く、手先も器用。日本に憧れをもっている点など、人材として総合的に高い水準にあるのがベトナムなのです。

ベトナム人材紹介

 


 

外国人材の紹介


 

>滞りのなく安定した生産のための人材を!

滞りのなく安定した生産のための人材を!

少子高齢化により採用環境は激変しています。帝国データバンクの調査で「企業業績の懸念材料」として最も危惧されたのが「人材の確保」です。
企業の生産計画の維持と工場の滞りのない稼働を実現するために「人材」は欠かせません。これからの企業経営で「海外の豊富な人材を活用できること!」が課題となる時代が来ています。

外国人・人材/海外人材を豊富な経験と実績からご提案致します。多くの企業様からご支持いただくトウヨウ貿易の海外人材サービスを今すぐご活用ください。

CTR IMG